CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

めいのスケッチブック

『葉山ビーズ時間』&『手提げ袋にスケッチブック』・日記ページ
<< オーダーアクセサリー・4 Winter Star | main | がんばれ!わんこ部屋改造計画・その2『雪崩』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
がんばれ!わんこ部屋改造計画・その1『その日のために』
なんだかまたいつかどこかで見たようなタイトルが?(笑)

『がんばれ!お庭計画』全15話はめでたく完結しております。てれちゃう

12月に入ってしばらく忙しくしていたのは、昨日まで連日記事UPしていたアクセサリー製作に追われていたせいばかりではなく、むしろ大半の時間はこちら、『わんこ部屋改造計画』に費やされていました。
ハイ、これはまだまだ現在進行形、全然完成しておりません。
もうしばらくかかりそうですので、例によって例のごとく(笑)何篇かに分けて記事にしてきたいと思います。


初回はこの改造計画が始動したいきさつについて。



わが家に大きな変化がある時って、それまでにも“こうしたらいいだろうな・便利だろうな”とぼーんやり思っていた事柄が、「ひしひしと必要を感じてきて」初めて、いよいよ現実化するわけです。

愛車やエアコンの買い替え然り、お庭計画もまた然り。

そして大抵の場合が家族の健康面に関わってくることが多く、その対象はさんた:シロクマ(Gピレニーズ)♂:9歳8ヶ月であることが多いのです。ポロリ



お庭計画は「今後シニア生活に入るさんたのために」という強い想いから出発しました。
そして現在、お庭を造っておいて本当に良かったと心から感じます。
というのは、
日に日に寒くなっていく季節に入り、暑さより寒さに断然強いシロクマであるはずのさんた、
顔の表情や全体的な反応、食欲、排泄物の質や量(爆)、精神面では絶好調なのですが、実際の身体の動き具合や運動能力については決して万全と言えない様子がしばしば見られるようになりました。

一番顕著なのが歩行・後脚の運びの様子。
後脚に力が入らずふにゃっとヘタってしまったり、何より右後脚の動きが芳しくなく、左後脚が大幅にカバーに入ることが多くなっています。
また、息づかいが浅く荒くなるのが早い。
ゴロンと寝転がって(安静にして)いる時には通常の呼吸ですが、起き上がって多少の動きをするとすぐに「ハッハッハッハッハ」となります。
耳を寄せなくてもさんたの心臓の鼓動が判るくらい。。。
一緒に暮らす息子シロクマ・ぼんた(7歳5ヶ月)と比べるとその違いは明らかです。

脚の不具合も息づかいの荒さも、素人目に見て「心配」でしたので、かかりつけの獣医先生に診ていただきました。

疑っていたのは変形性の関節炎(股関節や膝関節に棘状の突起物みたいなものが出てきて、それが神経を圧迫して痛みを生じさせる(←加齢とともに発症することがある))の類と、
そして心臓肥大・その他のなんらかの心疾患、それに伴う肺機能の低下など。
診察に必要な部位のレントゲンを4枚ほどと、心電図もとって頂きました。

その結果。

「心臓も関節も、年齢の割にはむしろキレイな様子」であることが判明。(笑)祝

もちろん100%クリア・パーフェクト!とは言えないけれど(無麻酔でのレントゲン検査程度しかお願いしていないし)、とりあえずの診断としては今すぐ緊急になんらかの処置や投薬が必要な状態とは思われない、とのこと。

疑っていた嫌な病変はなくてすごく嬉しかった。
しかし実際のさんたの様子はやはりおかしくて、では一体何が良くないのか?どうしたら良くなるのか?という具体的な手だてがよくわからず・・・[:がく〜:]

後日心電図の解析結果を説明していただく際に、その辺について再度お話いただきました。

息づかいの方は、肺が固くなり始めて(肺の繊維化)ふくらみ方が小さくなっているのかもしれない、普通に呼吸するのでは充分な酸素を取り込めず、結果回数が増えている可能性がある、と。
可能性の話ばかりではあるけれども、砂や粉塵を毎日多量に吸い込むと起こり得る症状なので、しばらく浜への散歩は禁止してみる。
そして脚の方は多分右脚の膝の靭帯を痛めているのはないか、といっても切れてるわけではないから、これ以上痛めないように無理させないようにするしかない。
なるべく平地を散歩させ、一度に長距離・長時間は歩かせない。
滑ったりさせるのは厳禁。
さらにあと1kg体重を落とすと、かなり負担が減る。
(※さんた39.10〜39.70kgを行ったり来たり、40kg弱キープを死守していたのですが、さらにもう1kg!!38kg台だって〜〜あせあせ
うわーーーーこのレベルで1kgのダイエットはさすがにきつそうだなぁ・・・♂ピレとしてミニマムクラスなんじゃ・・・涙)

つまり現段階の総論として、日常生活で気をつけられる部分を最大限気をつけることで対処する、ということなのでした。

いつも信頼している先生ではありますが、正直今回はけっこう疑心暗鬼と言いますか(はははたらーっ)、何かもっと別の病変が隠れているのではないか、別の先生にかかったら違う診断が下ってもっと具体的な別の治療(?)方法を提案されるのではないか、とか考えたりもしました。
だってこんなに見た目に心配な様子が見て取れるのに!
ホントにホントに本当〜に、日常生活の改善だけで良いのかな????
それとも、これまでとは全く別の治療、東洋医学の分野(カイロとか針治療とか)を試してみようか、とも思ってみたり。

でも・・・・・・・・きっと、多分、キリがないのかもしれない。

何日も考え、もちろんd氏ともたくさん話し合い、何人かの友人やピレ飼いの大先輩にも話を聞いてもらって、ようやく。
ようやく私は「私を」納得させることができました。

さんた、もう立派なシニア、、、、、、、、、「老犬」なんだ。

いろーんなことが、今までとは違ってくるんだ。

普通にきちんと歩くとか
普通に静かに呼吸するとか
普通に寝返りをうつとか
普通に目を覚まして起き上がるとか
普通にごはんや水を飲み込むとか
普通にシッコするとか
普通に将軍様(う○ち)するとか

そんな様々な日常生活の所作において、少しずつ、もしくは突然いきなり(!)、それまで「普通に」できていたようにはできなくなったりするんだ。

昨日は調子良かったことが今日は悪かったり、またその逆があったりもするんだ。

それは、受け入れなくちゃいけないことなんだ。

もちろん、なんでもかんでも「老い」のせいにしてサインを見過ごすことは避けたい。
けれども、なんでもかんでも「手を尽くした医療で治せる」わけではない。

それなら、まずは私たちが日々できることを、ささやかにでも精一杯取り組むことにしよう。
その上で、医学的なサポートが必要だと痛切に感じる状況になったら、その時はまたしっかり診ていただこう。

まずとにかく、家の中でさんたが滑りそうなところをなくす。
ほとんどの部分に絨毯(タイルカーペット)を敷き込んであるけれど、ドアの開けたてに必要な部分や涼を取れるように残しておいたフローリングむき出し部分もあって、さんたはこういうわずかなスペースを見事に選び取ってちょこちょこっと滑ったりしていたのです。(ーー;)
そういうのの積み重ねでどこぞの靭帯だのスジだのを痛めてしまう可能性は大きい。

そして階段の昇り降り。
この度先生から「できる限りさせないように」と申し渡されました。
2階がリビングのわが家、家族がくつろぐのはもちろん、さんたぼんたの食事スペースも2階です。
・・・( ̄  ̄;) うーん
さんた(ぼんたも)、2階に上がってくるのが大好きなんだよな。
みんなと一緒にいたいんだろうしな。
さんた自身に「2階に上がってきたい」という意欲・気力と、それが可能な体力のあるうちは、私は補助してでも上がらせてあげたいのだけれど・・・・・・
大きな事故が起きてからでは後悔してもしきれない。
かといって今いきなり「階段昇降一切禁止(=2階リビングへの出入り禁止)」を強制するのって、さんたの精神的ダメージが大きそう&さんたのQOLを鑑みてもマイナス面が大きそう。

では、得意の折衷案。(笑)
いきなりではなく、先生のおっしゃるように「できるだけさせない」「しなくてもすむ」ようにしましょう。猫2

すなわち、
さんたぼんたの食事スペースは1階のわんこ部屋にする。
そして家族(てか日中の私)が一階で過ごす時間も増やすようにする。
そしたらさんたも自然と1階で過ごすのがメインになるよね!

いつかさんたが本当に体力的に階段が上れなくなった時、その時になって一気にいろいろなことを「あきらめさせる」ってことにならずにすむ。

そのために。

その日のために。

今回の『わんこ部屋改造計画』は、にわかに活性化・具体化・現実化したのであります。


さてさて、『わんこ部屋改造計画』の柱は大きく2本。

1 さんた(ぼんた)のために
・細かい部分の滑り止め対策
・お庭へのステップの細段化(ステップ数を増やして一段の段差を小さくする)
・食事スペースの確保
・それに見合った収納システムの確保

2 私(d氏)が1階で長時間過ごすために
・PCワークのできる環境の確保
・くつろぎスペースの確保
・それに見合った家具等の配置換え


これらの作業、ちょっと手を着け始めたら「コレをやらねばアレはできない」「アレを動かさねばソレは動かせない」ってな具合にやるべきことがどどどどど〜っと雪崩のごとく発生しまして。(笑)

かくして、ただでさえ世の大半の人々が大忙しになるこの師走に、輪をかけてバタバタしている家庭が一つ誕生しました。 ニョロ ピピピ ニョロ ピピピ ニョロ
そのバタバタぶりときたらアナタ、このわが家がなんと今年はいまだにあのBIGツリーを出していないのよ〜!どんっ
(さすがに今週末にはどんだけ忙しくても出してやるッ)


また記事を改めまして、その雪崩の様子のアレコレをご披露いたしますね。猫2

お楽しみに?


PS:さんたの様子はぼちぼちです。
てか快食快眠快便、良く笑ってよく吠えて=元気です。(笑)
ただし脚の動き(歩行状態)は、やはり気候に影響されてるフシがあるように感じるなぁ・・・
最高気温が平均的に16度前後あった先週は、全般的に調子が良かったですわ。
でも今週はぐっと冷え込む日が増えてきて、まして昨日のように朝から冷たい雨の降る日は、ちょっと、、、。困惑
ニンゲンも気圧の変化で節々が痛んだりしますし、特に冷えは年々堪えるようになりますものねぇ。たらーっ
その辺に想いを馳せるに、やはりこの度のさんたの不調は素直に「トシのせい」と考えるのが妥当なのかなと思う今日この頃。
| がんばれ!わんこ部屋改造計画 | comments(10) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
あんまり色々頑張り過ぎないでね。
突っ走りすぎると息切れがしちゃうよ〜。
(私なんて2階の和室の大掃除を始めたは良いが
途中で約一週間放ったらかしに。あ、それは参考にならん?笑)
ツリーは20日に皆で一緒に組み立てる?
ガス抜き/気分転換したくなったら、いつでも言ってねん。
| さち | 2007/12/14 7:42 PM |
>さちさん
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪心温まるエールをいつもありがとう!
でーじょーぶでーじょーぶっ
現在わんこ部屋は「とりあえず」な状態で作業モロモロ一時落ち着いてるよ。
(永遠に「とりあえず」になりませんように・・・爆)
ツリーは今週末に出す予定〜v(*'-^*)b
20日に出したんじゃ5日程度しか日の目を見ないツリーになっちゃうじゃん!
光合成が足りなくて枯れちゃいそう&もりにゃんがグレそうなので、なるべく早々に出します。( ̄‥ ̄)=3 フン
でもホント、いつもありがとうね。(o^∇^o)ノ
| めい@管理人 | 2007/12/14 9:26 PM |
サンタの話、ひとごとではなくしみじみと読んだよ。
サン&ボンはBigサイズだから余計に色々考えるよね。
でも、そういう時こそ美女連たちで支え合おうぞ!

ツリーなくてもお茶があればいいよー(爆)
| miyuki | 2007/12/15 7:12 AM |
>miyukiしゃん
ありがとう〜〜
ほーんと、みんなについててもらって心強いっす♪

うん、さんた(&ぼんた)は超BIGサイズなので何かの場合には超BIGな配慮が必要なのよね。
だから庭や室内の生活環境の「改造計画」って、さんた(ぼんた)のために、、、ってことはもちろんなんだけど、一緒に生活する家族全員のためでもあるの。
サポートする私たちがいかにラクにそうできるか、とかさ。(笑)
これってニンゲンの場合も一緒なんだろうなぁ〜。
だからそんなに無理してがんばってるとかじゃなくて、脳ミソしぼって工夫を凝らして(¥をなるべくかけずに!とか・笑←ダイジダイジ、でしょ?!)、ある意味楽しんでるよ〜♪

みなさまとのおしゃべりはそんな私の栄養補給!
ぜひぜひおつきあい下さいねん。(* ̄◇ ̄*)ラ(* ̄・ ̄*)ブ(* ̄〓 ̄*)チュッ♪
| めい@管理人 | 2007/12/15 8:04 AM |
めいさ〜ん、あまりドドドドーーーっと
考え込まないでね!!!
でもめいさんの考え、気持ちもものすごーくよくわかります!!
体重のある超大型犬ですもの、何かと体にかかる
負担も大きいだろうし・・・
できる限り負担をなくし快適に過ごさせてあげたいって
思いますものね( ̄  ̄) (_ _)うんうん
きっとさんちゃんにはめいさんやd氏さんの
気持ちが絶対伝わってると思うし
マイペースにゆっくり楽しい時間を過ごしてください。
まあ我が家もまた床のカーペットや廊下に敷いてある
滑利止めがついてるクッションフロアーを
張り替えたりとやる事はイッパイなんですが( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
熊さんが笑顔で元気に過ごせるよう
お互い考え込みすぎないよう頑張りましょ〜(*^.^*)
| ソラ君ママ | 2007/12/15 9:31 PM |
さんchan、快×食眠便笑吠で何よりです。
あまり深く考えすぎないようにして下さいね。

めいsanのわくわく改造計画シリーズ、きました!
今回のわんこ部屋改造計画は私も参考&参加させて♪
我が家も未だに課題が多く、なんじゃこりゃ状態ですが
一緒に前に進んで行けたらと思います。
アル男も滑らないシート(マットの下に敷くやつね)の
大きいの買って、滑らない計画しましたが、
ものの何秒でグチャグチャにされどかされ・・・
あいたスペースで寝てたり滑ったり(T_T)
良かれと思う事、アル男は良かれと思わず・・・
空回りの部分も出てくる(アル男だけか?)とは思いますが、
お互い焦らずゆっくり頑張りましょう。

落ち着いた頃にでも、作戦会議に伺います(笑)

| アル男姉 | 2007/12/16 9:33 PM |
>ソラ君ママさん
ど〜もど〜も、励ましかつ共感ありがとうございます。
シニアなシロクマとの生活って、なかなかスリリングででもすごーーーく愛しいです。
これは後日また書くつもりでいますが、うん、明らかに密度が濃くなるというか、、、ね。上手い表現がみつかりづらいのですが。
食事一つとってみても、記事でも書いたように1kgのダイエットを目指す過程にあるわけですが、体重は落としても体力や筋力は落としたくないと肝に銘じつつの食生活ですから、どう考えても今までの食事内容よりは充実していてさんた的にはハッピーだと思う!( ̄‥ ̄)=3 フン
(=ついでにぼんたもハッピーだわね・笑)

さんたには確かにこちらの気持ちとか気合とかがシッカリ伝わってると思うよ〜。
私がこの度のさんたのことについてアチコチ電話したり相談したりしてるのを聞いていたせいか?その数日後からミョウに体調が↑向きになったりしてね。(^▽^;)
「じじぃ扱いしないでよ〜!まだまだ全然ダイジョウブなんだからさ〜〜」って言ってるみたいでした。。。さんたこそ無理しないで欲しい・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
| めい@管理人 | 2007/12/16 9:38 PM |
>アル男姉さん
ナイスタイミングで即レス!(笑)
( ̄Д ̄)ノ オウッ
まさにまさに、一緒にがんばろうッだわ〜〜
アル男さんやアルル家の経験が、わが家にとっては数歩先の「杖」になっています。
(そしてクンタ君やクンタ家の経験は大いなる光として道を照らしてくれていますよね!(o^∇^o)ノ)
改造計画、ぜひ一緒に乗ってくれぃ♪
とりあえず滑り止めは今のところ少し解決したよ。
ま、基本的には絨毯なんだけど、やっぱ隙間とかのわずかなスペースがネックだったからね。
その隙間に使ったアイテムとは・・・・(ΦωΦ)ふふふ・・・・(次回記事UPをお楽しみに?!)

アル男さんの状態とさんたの状態ではまた多少状況が異なるだろうし、どっちかに上手く効いてもどっちかにはそうではなかったりまたその逆もあったりするとは思うの。
でも、手立てのアイディアやネタは多ければ多いほど「ウチにはその方法でBINGOでした!」ていうこともあるかもしれないからね。( ̄∀ ̄*)イヒッ
失敗も含めて、いろいろ情報公開できたらと思っています。

クンタ君たちがそうしてくれたように、我らの経験が後続のシロクマたちの将来に向かって「末永く楽しくがんばれ!」ってエールになりますように。(^・^)チュ
| めい@管理人 | 2007/12/16 9:49 PM |
さんた君、心臓&関節がお年のわりには元気でよかったです。
でも気になるところを見つけると心配でたまらないですよね。
シニアだからといってもそれについていけない自分だったし。

当初6才では?と言われていたブーグですが、それ以上の8歳くらいでは?と獣医さんに言われました。
脚の筋肉はだいぶついてきたのですが、関節にきているようです。
体重がうちにきたときの43kgから50kgにドドーンと増えたせいもある?
おまけに心肥大も判明。まぁこれはフィラリアのせいもあるのですが、寝起きやちょっとした動きでハァハァしてます。
朝晩の寒い散歩では脚の運びも超スローになりました。
寒いの大好きピレのはずが、ブーはあったかい方が調子がいいみたい(^^;)
まだ4ヵ月足らずの付き合いの中での変化に戸惑いつつも、少しでもいいようにできたらいいなぁと。

アルフのシニアを見てきたはずなのに、ダメですねぇ。
心落ち着いて見ていかなくちゃね☆
| ノンチャン | 2007/12/17 9:17 AM |
>ノンちゃん
ちょっとお久しぶりだったかな?
元気にしてますか〜(o^∇^o)ノ
わが家はまぁこんな調子ですがさんたの様子も含めて「ぼちぼち」です。(笑)
いやむしろ元気なのかもしれないな。
さんたの様子が「老い」のせいなのかどうなのか分からなかったからアレコレ心配したけど、うん、素直に現状を受け入れた今となっては(笑)穏やかなもんです。ハイ。

ブーちゃん、そっか、実際の年齢はわからないんだもんね・・・。
そしたらそれこそ「現状認識」で一つ一つ取り組んでいくしかないよね。仲間だぁ〜!( ̄(エ) ̄)ノ
シロクマなのに寒いと体調↓ってのも一緒一緒♪
状況分かってもらえて嬉しいわぁ。

体重コントロールは関節ケアにも心臓ケアにも大切だよね〜( ̄ー ̄; ヒヤリ
シニアの体重管理は気を遣いますが(若かりし頃は一刀両断で単純に「量を減らす!」でよかったんだケド)、筋力を維持できる食品(赤身肉、納豆などの良質なたんぱく質)・関節に良い食品(コラーゲン豊富なもの・わが家では牛スジをトロトロに煮込んだものを利用)など、内容充実なトッピングが加わってさんたはむしろウハウハなダイエット生活です。(笑)
もちろんごはんの総量は減ってるんだけどね。バレテナイかも。あはは。

ノンちゃんもまたぜひいろいろ情報交換していこう!
よろしくね〜〜(o^∇^o)ノ
| めい@管理人 | 2007/12/18 11:14 AM |