CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

めいのスケッチブック

『葉山ビーズ時間』&『手提げ袋にスケッチブック』・日記ページ
<< 雨女で負け女、卒業!その2 | main | ぼんた10歳! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
リンちゃんへ。

昨日早朝、
新潟のお友達シロクマ(ピレ)のリンちゃんが
静かに旅立ちました。

リンちゃんとは、実は一度も
実際に会ったことはありません。

でも、わが家がさんたを引き取った当初から
飼い主さんであるリンコさんが
何かと声をかけてくださり
ピレについての情報交換はもちろん
その他日常的な雑談あれこれを楽しませていただいていました。

だから、リンちゃんとはネット上のお友達という以上の
なんだか深い絆を感じていました。

昨秋、さんたが旅立った頃

リンちゃんは大きな病を発症しました。

骨肉腫です。

リンコさんから「さんた家がこんな時にお知らせすべきか迷ったけど」とメールをいただいた時、私は一気に背筋がシャンとしたのを今でも覚えています。

11月の満月の夜、さんたが翔び去ってしまった後も
自分だけ遠浅の海に取り残された気がして
ぶくぶくゆらゆらと哀しみの中を漂っていた私。

その私を、
ザバッと引き上げてくれて
「生きているものがしっかり生きていかなくちゃ」と
目覚めさせてくれたのが、リンちゃん。

リンコさんをはじめ、ご家族は
すでに病巣の前脚の断脚を決意されていました。

骨肉腫は大きな痛みを伴う、凶暴なガンです。

ピレのような超大型犬が、1/4の支えを失うことは
残った足や腰に大きな負担がかかることは間違いない。
転移の可能性も棄て切れません。

でも、早期の発見と早い決断によって
3本足でも元気に過ごしているコがいることもまた事実。

幸いリンちゃんにはまだどこにも転移は確認されていませんでした。

大きな決断でした。

「歩行や生活はなんぼでも助けてあげられる。
でも、痛みは代わってあげられないから」


私も、そう思いました。


さんたが使っていた持ち手付きの補助ベストや、長時間寝ていても床ずれになりにくい介護用のハニカムパッドなど、役に立つかもしれないと思ったものを半ば押し付けるように送りつけ、

「リンちゃんの実際の補助はできないけれど、
リンコさんたちの応援ならできることがある」


私はそう思ったんです。


その後、3本足にリニューアルしたリンちゃんは
びっくりするほどスムーズに「3本足」に順応していいきました。

(もちろんそれはリンコさんたちご家族の
献身的かつ効果的な介助があってこそだったのですが)

ご家族の明るい性格も功を奏して
リンちゃんは
骨肉腫と闘病しているとは思えないほど
元気で楽しい毎日を過ごしていました。

多分、ぼんたよりよっぽどしっかりお散歩したり遊んだりしていたと思います。(汗)

そんなリンちゃんが
先月末にめでたく10歳のお誕生日を迎えました。

リンコさんお手製のバースデイケーキを平らげ
お友達わんこたちと旅行まで楽しんでいたリンちゃん。


それから少しして、


ちょっとお腹の調子が悪くなったそうです。


ちょっと夏バテ気味?にしんどそうな様子に気付いたそうです。


病院に検診に行き


肺への転移が発見され


そして昨日の朝。


大好きな自分のお家で

静かに

旅立った、と。


ご家族が覚悟を決めていた、
「もっと大変になる介護」を
ちっともさせなかったリンちゃん。

よくがんばったね。

そして最期は
がんばりすぎずに。

リンちゃん。

リンちゃん。

私を哀しみの海から引っ張り上げてくれた。

リンちゃん。

ありがとう。

今はあなたの旅立ちが哀しくて仕方がないけれど

こうして哀悼の記事を書きながら
涙が溢れてどうしようもないけれど

みんなに色んなことを教えてくれた。

リンちゃん。

リンちゃん。

ありがとう。



リンちゃんファミリーの皆様

いつも明るく様子を知らせてくれて
ありがとうございました。

どうかお体御自愛ください。


リンちゃんの御冥福を、心からお祈り申し上げます。









| つぶやき | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
今日、リンは荼毘にふされ
とてもコンパクトになって帰って来ました。

行きは3人がかりで車に乗せたのに
帰りは1人で抱えてこれるくらい小さく。

昨日の朝から、ひっきりなしにお参りのお客様がみえます。
あちこちから、お花も届きます。
改めて、リンはこんなに沢山の方に愛して貰っていたのだと
感謝の思いでいっぱいです。

たくさん応援して貰って、ホントに心強かったです。
リンが紡いでくれた、この出会いに感謝!!!
| リンコ | 2010/07/21 9:20 PM |
>リンコさん
今日はたくさん空を見上げました。
こちらは真っ青な夏空でしたよ。
そして、夜7時からは鎌倉市の花火大会でした。
近所の浜からも、多少小さくなっちゃうけど、よく見えるの。
馴染みの昔ながらの海の家に陣取って、打ちあがる花火にビールを傾けながら、d氏と一緒に「リンちゃんに!」ってやった。
今日の花火は私たち的にはリンちゃんに捧げる花火です。
古都鎌倉から、5千発!
どうよ、立派なもんでしょう?(o^∇^o)ノ

私たちも、さんたが紡いでくれた縁や出会いの暖かさ、優しさ、心強さにどれだけ励まされたことか。
リンちゃんファミリーとだって、さんたとリンちゃんが繋げてくれたのだものね。
彼らの力は偉大です!

こんなに哀しいお別れの時にさえ
心から、ありがとうと思える・・・
それが彼らがくれた一番大切なことなのかなぁ。。。

ううん、もっと単純に
大好き!大好き!大好き!!
こんなに愛しいと思える存在そのものが凄いよね。

ありがとう。
これからもずっと大好き。
| めい@管理人 | 2010/07/21 10:08 PM |